業者に依頼する|土壌汚染調査は専門の業者に依頼する必要があります
男性

土壌汚染調査は専門の業者に依頼する必要があります

業者に依頼する

ヘルメット

地盤の強度を測る調査方法の中に平板載荷試験という方法があります。この調査方法は、調査をする地盤い直径30センチ程度の円盤を置いてその上に、重機などで負荷をかけます。そうすることで、その地盤の沈下量、支持力、反力係数などを測ることができるのです。平板載荷試験は直接気になる地盤を調べることができるため、信憑性が高いといわれています。今まで行なわれていた、ボーリング調査や表面波調査の方法は、直接地盤に負荷をかけて調査することができませんでした。その他にも、短時間で強度の調査ができるといったメリットもあります。この調査方法は短時間で調べることができるため、プレハブなどの簡易住宅などを設置するときに役立ちます。しかし、平板載荷試験にもデメリットがあります。それは、0.6メートルより深い場所の地盤の調査をすることができないといったデメリットです。直接負荷をかけたとしても、負荷をかけることができる範囲には限度があるため、深い場所の地盤まで調べる事ができないのです。しかし、専門的な知識と技術を持っている業者に頼めば、0.6メートル以下の地盤の強度も調べることが可能です。平板載荷試験を試してみたいが、詳しい情報を聞いてから決断したいという人は、専門業者に電話をして相談してみましょう。無料で見積もりを出してくれる場所もありますし、無料で電話相談をすることもできます。そこで、詳しい調査方法についても説明してくれるでしょう。