土地の強度を知る|土壌汚染調査は専門の業者に依頼する必要があります
男性

土壌汚染調査は専門の業者に依頼する必要があります

土地の強度を知る

工事

家を建設する前に必ず行なうのが、地盤調査ですが何故調査する必要があるのか、どんなものなのか詳しく知っている人はあまりいません。そこで、家の建設を考えている人はまず最初に地盤調査がどういったものなのか知っておきましょう。地盤調査とは、家の土台になる土地がどんな場所なのか詳しく調べることを目的としています。住宅を建てる上で、その土台が弱いと建設途中に崩壊してしまったり、入居した後に問題が発生してしまったりする可能性があるためです。

地盤がしっかりとしている場所ならば、住宅建設の際に基礎を簡単にし費用を抑えることが可能です。しかし、地盤が弱い土地の場合、別の場所に住宅を建てるか、土地の補強をしなくていけません。土地の補強をするとなると、最初の建設時の予定金額よりも大幅に上がってしまう可能性もあります。そのため、どういった方法が一番良いのか判断する必要があります。地盤調査にも種類っがあるため、その土地に合わせて方法を変えていきます。ボーリング貫入調査という方法は、ボーリングマシンで穴を開け、専用のロッドで掘り進めていきます。そのときの進み具合や地盤の固さなどから、地盤の強度を調べることができます。その他にも、表面波探査という方法があります。この方法は、人工的に調査対象の土地に地震を起こして地盤の調査をする方法です。人工的に起こした地震の波動の速度を測ることで地盤の強さや硬さを判断することができるのです。家を建てようと思っている人は、安心して住むためにも建設前に地盤調査をしっかりと行ないましょう。