対策を打つ|土壌汚染調査は専門の業者に依頼する必要があります
男性

土壌汚染調査は専門の業者に依頼する必要があります

対策を打つ

模型

地震などが原因で液状化現象になってしまうという言葉をよく耳にします。液状化現象とは、大きさが同じ粒子でできている土地が地震の振動で崩れてしまい、地下水の上に浮いてしまった状態のことを言います。こういった状態になってしまうと、水の比重よりも重い住宅が沈み、軽いマンホールや破裂した下水道管などが浮いてしまう場合があります。そうなってしまうと、家の中にも水が侵入してしまい、生活ができない状態になってしまうでしょう。特に、木造住宅は危険いわれています。木造住宅は、建物のの比重が軽いだけではなく基礎が浅いため家が傾いてしまったり沈下してしまう可能性が高いといえます。可能性がある土地はこういった事態になってからでは遅いため、液状化対策を事前に行なうようにしましょう。

液状化対策といっても幾つか方法があります。例えば、被害を最小限に抑えるために地盤を改良するといった方法です。危険性のある土地に液状化対策専用の杭を打って地盤を補強することができます。その他にも、建物の基礎で対策をする方法があります。例えば、直接基礎という方法です。この方法は、住宅の重さを家の下に置いた床板全体で受け止めます。そうすることで、荷重を一点に集中させるのではなく分けることができます。荷重を分けることで、沈下や地震発生時の強度を上げることができるのです。このように、様々な方法で液状化対策を取ることができるため、地盤が弱い土地でもある程度補強をすることができます。こういった方法以外にも液状化対策の方法は幾つかあるため、一度業者に相談をしてみるのも良い方法です。